タスペーター

㈱オムラのブログをご覧いただきありがとうございます。

屋根・外壁塗装工事をご依頼頂いたM様邸の現場に行ってきました(#^^#)


今日はタスペーサーを使って、縁切りという大事な作業を行っていました。


どういったことをするかと言うと……


屋根と屋根の間に隙間を作る作業だと思っていただけるといいと思います。


隙間を作ると雨漏りするのでは?と思われる方がいらしゃると思いますが、実は逆に屋根と屋根との間に隙間がない方が雨水の排出先がなくなるので危険なんです!(@_@)



【【タスペーター(縁切り)の効果】】


その① 雨漏りを防ぐ


先程もお話ししましたが、縁切りをする最も大事な理由は雨漏りを防ぐためです。

雨水は大雨や強風など想定外の雨が降った時に構造上屋根材の下にも入り込んでしまうので、侵入してしまった雨水をどうやって排出するかが重要になります!

縁切りが必要な薄型化粧スレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。

しかし屋根塗装をすることでこの溝を塗料でふさいでしまうことがあり、そうすると雨水の逃げ場がなくなるので屋根下地の腐食し、雨漏りに繋がるのです。



その② 結露を防ぐため


結露は物質の内側と外側の気温差が生じた際に発生しますよね(>_<)

これを屋根に当てはめて考えてみましょう!

建物内の暖かい空気は上昇する性質があり、天井を通して屋根裏まで上昇します。

屋根の外側は常に外気と接しているので日中は熱さ、それ以外の時間は寒さにさらされています。

そのことにより、屋根の内側が温まり屋根外側が冷えてしまう……これにより結露が発生します。

縁切りで屋根に隙間を作らないと屋根裏で内部結露した水分がたまってしまい、中の断熱材や木材を腐らせてしまうのです((+_+))


とっても重要な役割を果たしているんですね!


タスペーターがどのように使用され、機能しているかご理解いただけたでしょうか(#^^#)

タスペーター
▲カッターで切り込みを入れている様子です。 
タスペーター
▲屋根1枚につき2個のタスペーターを使用します。 

ブログ最新記事

  1. 2020.09.15

    毎日の疲れを癒してくれるお風呂の施工事例です(#^^#)

  2. 2020.08.06

    塗装工事中は、職人さんと交換日記です♪

  3. 2020.07.27

    ビフォーアフターに驚き‼ドア塗装の紹介です♪

  4. 2020.07.07

    お家を守るのに一番大切なことは‼

  5. 2020.07.03

    バクタクリーン導入しました!

最近の記事

  1. 2020.07.07

    タスペーター

 
 

スタッフブログアーカイブ





PAGE TOP