[0653]洗面脱衣室リフォーム工事

 

 


[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
(ビフォー)
こちらは[0648]バスルームリフォーム工事の続きで、洗面脱衣室リフォームの記事になります。
工事費 50万円
お客様名 S様
市町村名 下関市
施工前
バスルームもでしたが、こちらも単色ブルー系のヤシの木柄の壁紙クロスを使っており、拘りを感じさせます。
洗面化粧台も一般的な古い型ではありますが、広めのカウンターでシンプルフラットなデザインとアンダーカウンター式(埋め込み型)のオーバル形洗面ボウルが部屋とマッチしていてオシャレです(^^)

しかしながら経年劣化をやはりおこしており、洗面台のプラスチック部分は黄ばみが発生し、カウンターや洗面ボウルも亀裂こそありませんが、変退色しており耐久年数の経過が近い事がわかります。
また排水部分にも経年劣化が進んでおり、機能面でも寿命に近づいてる事がうかがえます。
室内も壁や床にも変退色・汚れの付着・カビが繁殖などの症状が見受けられましたので、この機会に洗面化粧台の交換と壁紙・床・天井の貼り替えをご提案させて頂きました。
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 

施工中
既存の洗面化粧台を撤去し、既存の壁・床・天井のクロスをすべて剥ぎます。
この際、下地に問題があれば補修します。

リフォームの場合事前調査をおこなっても、下地の補修箇所の有無は剥がしてみないとわからない場合があります。
その場合は追加工事にどうしてもなってしまいますが、そのままだと早期に劣化が発生してしまい、かえってお客様の負担になってしまいますので必要な施工です。
今回の場合は事前にわかる程度の補修箇所しかありませんでしたので、幸い追加工事は発生しませんでした(^^)
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 

完成
洗面台の前は壁は珪藻土塗りで仕上げています。
珪藻土は吸湿性と高い断熱性がある建材として昔から使われていますが、近年は特に再評価されて様々な用途に使用されています。
今回はその特性を利用し、洗面脱衣室のカビの繁殖防止や保温機能の向上を考えご提案させて頂いております。

洗面台はウッドワンの「無垢の木の洗面台」シリーズのオープンタイプをご用意させて頂きました。
木にこだわるウッドワンさんが、自ら育てた木を更に厳選して製材し造り上げた洗面台で、装飾は殆どなく無垢のシンプルで素朴な美しさだけで魅せる逸品です。
木製ですがウレタンコートされているので、耐水性もしっかりしています。
洗面ボウルはベッセル式(置き型)のスリムエッジ形です。
なんとなくですが、フレンチカントリー風の構成があって趣がありますね(^^)

洗面台用照明はLEDリネストラランプです。
本来のリネストラランプ(直管型白熱電球)は見た目は良いのですが、日本の電気事情にあってない為か暗く照明としては今一つなのですが、LEDタイプ(そもそもLEDなのでリネストラランプではない気もしますが(^^;))のこちらは明るくしっかりと照らしてくれるので、ミラーライトや装飾用ライトとして人気の商品です。
ちょっとしたオシャレといった感じです。

床はフローリング風のクッションフロアです。
クッションフロアは工期や価格を抑える面もありますが、防水性を考えるとフローリングよりの方が良い場合があります。
何事も適材適所です(^^)

今回の最大の変更点である壁紙クロスは、サンゲツのPick Up Wallpaperシリーズの「SPACE SEA」です。
Pick Up Wallpaperはサンゲツさんが「壁紙の新しい可能性を探るプロジェクト」として、様々な分野のデザイナーなどとコラボして続けているシリーズです。
こちらのSPACE SEAも有名なデザイナーさんとのコラボ商品で、多彩で絢爛な花模様の中に近づいてよく見るとモノトーンで海洋生物が描かれているという、なんとも不思議なデザインの壁紙です。
モチーフの組合せもですが、見方しだいで受ける印象が変わるというのは、独創的で面白いと思います。
実は、お客様と営業担当者も最初は普通に花柄の壁紙と思っていたのだそうですが、よく見ると海洋生物が描かれていてビックリしたそうです(^^;)
最終的にお客様がこちらを採用され、今は大変気に入られているそうです。
デザインもですがサンゲツさんの商品だけあり、壁紙クロスとしての機能も十分に優秀で、近年重要視される不燃性になっています。

以前はバスルームと7cm以上差があったのですが、今回の施工(バスルームを含む)で1cm程度まで差を調節しました。
お風呂は水に使う関係上完全に高さ合わせるのは難しいですが、不要な高さは極力減らした方が後々の事を考えると無難ですね。

洗濯機はこの機会に新しくされるそうなので、蛇口と排水口だけご用意させて頂きました。

バスルームと共にガラリと印象が変わった今回のリフォーム、以前同様に愛着をもって使って頂ければ幸いです。

今回はありがとうこざいます!
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 
[0653]洗面脱衣室リフォーム工事
 

 

 

お風呂の最新事例

PAGE TOP