[0636]キッチン リノベーション工事


[0636]キッチン リノベーション工事
(ビフォー)
こちらのお客様のお宅で大規模なリフォーム・リノベーション工事をさせて頂きました。
ありがとうごうざいます!
その中でもこの記事では、キッチン部分のリノベーション(機能の最適化・一新)をご紹介させて頂きます。

今回は併設するリビング・ダイニングも合わせておこないリーフォム(別記事参照)をおこないましたので、思い切ったリノベーションを提案させて頂きました。
工事費 約220万円(他にも施工があるの場合の価格)
お客様名 H様
市町村名 下関市
施工前
施工前のこちらは標準的な造作対面型キッチンです。
経年と使用感は感じますが、お客様が大事に使われていたので充分に綺麗だと思います。
しかし、食器棚などの収納関係や調理家電などに場所をとられ、移動や作業の空間が制限されています。
これでは折角の床下収納や収納棚の使い勝手が悪くなってしまい、調理作業の面からいうと機能的とは言い難くなっていました。
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 

施工中
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 

完成
造作壁と古いキッチンや壁やフローリングは全て撤去し、壁・天井のクロスのデザインをリビング・ダイニングと統一します。
キッチンは対面型から壁付け型に変更しました。
対面型はダイニング・リビングを見回せて家族とのコミュニケーション取りやすく人気のある型ですが、ダイニングとの間にシステムキッチンを置いてしまうため、空間的制約が出やすいというデメリットがあります。
こちらのお客様の場合がまさにそれであり、元々は広い間取りなのですがキッチンだけでなはくダイニングまで圧迫していました。
壁付型は反対側を向いてしまう為、対面型のメリットがそのままデメリットになってしまいますが、その反対に空間を開放的に使えるというメリットがあります。
造作壁を撤去したり上下水管の位置を変更したりと手間は発生しますが、ダイニングと合わせるとリノベーション効果が高く、より広い空間を確保したい場合はお勧めです。

システムキッチンはクリナップのステディアです。
他のメーカーさんのキッチンも色々紹介させて頂きましたが、お客様のご要望によりこちらをご用意させて頂きました。
ステディアはステンレスキッチンの長期ヒット商品であるクリンレディの後継にあたり、長年に渡り蓄積したノウハウを反映させ、機能面・デザイン面と共に清潔さと優れた収納力を兼ね備えたクリナップさんの現行最新モデルです。
お客様が選ばれた白を基調したカラーリングも清潔感を強調して素敵です。
オール電化によりコンロはガスからIHに変更、食器洗い洗浄機も付きました。
レンジフードは便利な自動洗浄機能のついたタイプです。
うらやましいですねw(^^;)
吊戸棚などは多めに設置して収納力を全体的にアップさせ、空間を制限しないよう他の収納設備必要としないキャパシティをご用意させて頂きました。
右側の小さなカウンターには蒸気排出ユニットが付いてて便利です。

空間が確保できた事で以前より床下収納が使いやすくなっています。
写真では分かりませんが、フローリングの貼り替えに合わせて、床下収納の蓋も同様のデザインに貼り替えてあります。

天井には埋め込み型のLED照明を設置してあります。
明るくキッチン全体を灯し見た目的にもオシャレです。
冷蔵庫は撤去された造作壁に移動され、キッチン・ダイニング両方から使いやすい場所に設置されました。

今回のリノベーションにより、以前より開放的でより機能的でデザイン的に洗練されたキッチンに生まれ変わりました。

※今回の記事は次回のリビングとダイニングに記事に続きます。
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 
[0636]キッチン リノベーション工事
 

建築リフォームの最新事例

PAGE TOP