[0384] 雨どい取付け・板金工事

[0384] 雨どい取付け・板金工事
(ビフォー)
接続された隣家を解体した為、雨どいの取り付いていない箇所から土壌へ直接雨水が落ち、ぬかるみ状態になるのを防ぐ為、新規に雨どいを取り付けました。
また解体時に外れた部分の赤土が剥き出しになっていた為、雨水の侵入を防止する為、板金工事を施しました。
建物に一番よろしくない物は水分(雨水・湿気)です。
当社は雨漏れ補修・相談・板金工事も随時受け付けております。
工事期間 約2日
お客様名 N様
市町村名 下関市
施工状況
上段の軒樋が左側まで取り付いていないため、直接土壌に雨水が落ちています。また、解体部分の赤土がむき出しになっている状態です。
雨樋の取り付いていなかった左側まで雨樋を取り付け、雨水を雨樋に通し排水を促します。また、赤土むき出し部分には板金を貼り、水切りを付けることで雨水の侵入を防ぎました。
[0384] 雨どい取付け・板金工事
着工前 
[0384] 雨どい取付け・板金工事
 
[0384] 雨どい取付け・板金工事
施工後 
[0384] 雨どい取付け・板金工事
完成 
陶器瓦右下部分に雨樋が無いため、屋根からの水が直接土壌に落ちる状態です。
斜めの部分に雨樋を取り付け、瓦棒に雨水を通し既存の雨樋で排水を促しました。
[0384] 雨どい取付け・板金工事
 
[0384] 雨どい取付け・板金工事
 
[0384] 雨どい取付け・板金工事
完成 

その他の最新事例

PAGE TOP