[0302] 屋根葺替え工事

[0302] 屋根葺替え工事
(ビフォー)
既存セメント瓦は重量的に建物への負荷がかかり、緩勾配な屋根には雨水の逆漏りが懸念される為、新規クイックルーフ(ガルバニウム鋼板)にて葺き替えを提案しました。
笠木板金は経年劣化による錆穴から水の侵入もあり新規に取替え致しました。これで雨漏り解消です。
外部からの雨の侵入をシャットアウトし、引き続き内装雨漏り補修に移ります。
工事期間 5日
お客様名 K様
市町村名 下関市
施工前・解体・撤去
[0302] 屋根葺替え工事
既存瓦のズレ、緩勾配のため雨漏りします 
[0302] 屋根葺替え工事
瓦の割れ・ズレ・浮き、板金部分の錆 
[0302] 屋根葺替え工事
錆穴 釘の抜け 
[0302] 屋根葺替え工事
既存撤去・解体工事 
[0302] 屋根葺替え工事
 

新規クイックルーフ葺き替え
吸音材敷設後、ゴムアスルーフィング(防水シート)を敷込みます。
[0302] 屋根葺替え工事
新規吸音材敷設工事 
[0302] 屋根葺替え工事
防水シートの敷込み 
[0302] 屋根葺替え工事
新規クイックルーフ葺き工事 
[0302] 屋根葺替え工事
笠木板金を新規取付 

完了
新規クイックルーフ(ガルバニウム鋼板)葺き替え。笠木板金取替えにより雨漏り修理完了です。
[0302] 屋根葺替え工事
 
[0302] 屋根葺替え工事
施工前 
[0302] 屋根葺替え工事
施工後 

住宅・外壁・屋根の最新事例

PAGE TOP